旅の紹介&プロフィール



Author:遙♪(はるか)

"強くなりたい"と思い、
2008年8月~
旅をスタート!
50ccなので、
高速道路はNG(°°;))
下道とフェリーだけで
のんびり進めます♪

遠く離れてしまった
友達や親、昔の恩師…
★★大切な誰かへ★★
伝えたいメッセージの詰まった
"手紙や贈り物"をお預かりして、
日本各地に届けながら
旅を進めています(*^^*)

2008年12月に
看病をするため
一時旅の中断を決心。
2009年4月に再開し、
貯金が尽きてからは
手作りのミサンガを
路上販売しながら決行!

現在旅のまっ最中です!



◆連載
月刊オートバイ
(毎月1日発売)


エトセトラ

今日もポチっとひと押しして頂けると
ありがたいデス~☆



携帯からはこちら↑








メールを送る

メール

[contact-form-7 404 "Not Found"]

表現力の欠落

つくづく、
私って表現力のない人間だなぁ…と、ガックリしている今日この頃。

原発近くの危険区域でボランティアを長期的にしだしてから、
それなりに付き合ってきた友人や知人にでさえ私って誤解されていたんだな、って哀しくなる日が多い。
”別に人に理解されていなくったっていい”と自分を強くもっているつもりだったけど、
落ち込むって事はやっぱりどこかで理解されたいと人に求めてる所があったんだろうな。
「放射能あびてまで助けても、動物は感謝してくれない」
とか
「自分の人生もっとよく考えろ」
とか
「結婚とか出産のこととか、どう考えてるんだ」
とか。
心配してもらっている気持ちは本当に有難いから、耳だけでは聞いているけど、
正直あまりにあちこちから言われる自分の有様に、
私ってそんなに思慮浅くて考えのない人間に思われていたのか…と逆にショックです。
色々と考えての決意で、よっぽどの事が無い限り今更もう止まらないんだけどなぁ。
私は”普通”の感覚を持ち合わせていないのかもしれないけれど、 
でもこれまでも原付で日本一周して今度は世界一周とか言い出してるような女です。
おおよそ普通じゃなく変なのは、まわりも分かってたと思うんだけどなぁ。。。笑

ここにも何度か書いたかと思うけど、
私は、放射能よりも 後悔することの方が怖い、と思っています。
だから、現場に入って自分の目で見てこれをやりたい…とショックを受け心打たれた
原発近くの動物レスキューに入ることに覚悟を決めました。
性格上、中途半端はキライです。
やるならヤル!やらないならヤラナイ!、白黒どちらかしか出来ません。
それはボランティアも、世界一周も同じ心持ちです。
「女一人じゃ危険だ」とか「排気量あげたがいいよ」とか言われて
不安も恐怖もたーーーーっくさんあるけれど、やりたいと思ったからやろうと思いました。
とても単純です。
少しの安定や見通しのたつ未来を手にするよりも、
やり残しのある人生を歩む事のほうが、私は怖いと考えています。
昔も今も、私は特になーんにも変わっていません。
心配して色々助言の連絡をくださる、優しい皆さん。
私のことは男だと思ってください。笑
そして、願わくば、
「もしも放射能の影響で白血病にでもなったら、お見舞いでも行ってやるよ」
って、ゲラゲラ笑って言ってやって下さい。
それが、私にとって今一番チカラになる言葉です。
応援してやってください。

感謝の気持ちをこめて…
きょうも頑張ります!

遙。

うさぎ捕獲

20110521170852

すっかりバイクの季節になりましたね。

風をきるのが気持ちよくてたまらないから、停まりたくなくなる。
桜はいつ咲いて、いつ散ったのかしら?

原発30キロ圏内に入る道すがら、そんなことを考えてました。
ここは、放射能なんてウソみたいな自然溢れる山里の村なんですよ。

今日は、私がお手伝いしているNPOに一時保護依頼のあったウサギちゃんを、原発25キロ地点にあるお家へ引きとりに行ってきました。
年齢7才のロップ君は、ロップイヤーのミックス兎です。
私も昔うさぎ飼ってたなぁ、9羽くらい。
犬より小動物のほうが得意科目。世話をするのも少しだけ自信がもてます。

その後、放浪犬猫のいるポイントへ餌まきを8箇所まわり、保護依頼のあった子犬二匹の捕獲に向かいました。
だけど、人間から遠ざかった生活をしばらくおくった子犬達はなかなか近寄ってきません。一週間ずっと通っていますが、今日も捕まえられませんでした。
明日こそ何としてでも頑張るぞーっ!

ボランティアに明け暮れ万年寝不足のまま、季節感覚も日にちや曜日の感覚もないまま3月がいつのまにか通り過ぎ5月末を迎えちゃいました。

私ったら、こんなんでいいんですかね。テヘへ…

今日も

20110521140621.jpg

今日も、はりきって原発30キロ圏内に突入中です!

今日はウサギの保護依頼あり。

あと、発見してこのかた一週間ずっと捕まえられていない子犬二匹も今日こそは捕まえたい!

頑張りまーす

愛犬との別れ〜飯舘村

20110518124919

もぉ〜〜っっ!
どうにかならないの!???

このお宅も、計画避難区域になり長年可愛がってきた愛犬を里親にだすことを決めました。

現実を受け止め、犬の将来を考えての決断。
涙なみだの別れでした。

ラッキー♂10才、子猫を犬舎に入れかくまう優しい犬です。今日から里親さんを探します。

もう、毎日毎日
飼い主さんの辛さを目の当たりにするのは辛すぎます。

飯舘村が計画避難区域になって1ヶ月。
1ヶ月間の準備期間があったのに…なぜ村は、県は、政府は、もっとペット可の住宅をつくろうとしなかったんだろう。

対策を打ってくれれば、こんなこと起こらなかったのに…。

動物の命ってこんなにも人の心の支えになっているものなのに、こんなに軽い扱いなんだな、と哀しくなって空を仰ぎました。

旅祭、終わり

昨日は、
お台場であったフェス・旅祭のトークイベントに出てきました。

 

このところ
夢に出てくるほど被災地の犬猫レスキューに熱をあげている私も、少しギアチェンジ。
池田伸さんとOmigotoさんと、ゆったりとバイク旅について語りあいました。

 
背中のむこうに見える、お台場の観覧車がいいですね~。

Omigotoさんは、3月まで85CCの黄色いカブで世界一周をしていた人です。
各国での写真を見ていると、「私も!!!」と気持ちだけがどんどん前に走り出して、キラキラ焦ります。

被災地にボランティアとして入って放浪犬と出会い、
予想以上・想像以上に自分の時間とお金・労力をボランティアでつかっています。
感じるままに動いた結果で、全く後悔はしてません。
だけど、2011年内の世界一周スタートはどんどん難しくなってきています。
まあ…仕方ないです。
それどころじゃないし、何せ自分自身が気持ちが動きやりたくなった事だったので。

久しぶりに、
ゆっくりと旅のことを考えました。
色んなことがあり変化を続けているけれど、だからこそ急がなくっちゃなってね。
わたしも早く旅に出たい…。
だから、今前にあることを頑張ります。

今日から、また福島に行って原発近くに取り残された犬猫たちを追っかけまわしてきます。
いってきまーす