旅の紹介&プロフィール



Author:遙♪(はるか)

"強くなりたい"と思い、
2008年8月~
旅をスタート!
50ccなので、
高速道路はNG(°°;))
下道とフェリーだけで
のんびり進めます♪

遠く離れてしまった
友達や親、昔の恩師…
★★大切な誰かへ★★
伝えたいメッセージの詰まった
"手紙や贈り物"をお預かりして、
日本各地に届けながら
旅を進めています(*^^*)

2008年12月に
看病をするため
一時旅の中断を決心。
2009年4月に再開し、
貯金が尽きてからは
手作りのミサンガを
路上販売しながら決行!

現在旅のまっ最中です!



◆連載
月刊オートバイ
(毎月1日発売)


エトセトラ

今日もポチっとひと押しして頂けると
ありがたいデス~☆



携帯からはこちら↑








メールを送る

メール

[contact-form-7 404 "Not Found"]

ゴールに向けて‥

20ヶ月間‥ずいぶんと長い旅だった。
よくまあ、そんなに長いことどーやってやってきたんだろう、と自分でも思う。
私は辛い出来事や温か過ぎる出来事があるとブログに何を書けばいいのか分からなくなるクセがあり、旅の20パーセント位のことしか綴ることは出来なかったけれど、本当に色んなことがあった。

ゴール直前、今の私は配達もまわる県も全ての行程を終わらせ、残るは帰り路を走るだけ。
目標が無いなんてことはこの二年間無かったから、何だか心が空っぽになっている。
確かに、世界一周という夢はあるけれど今の私にはまだ手を伸ばしても届かない遠くのことの様で、目標というより夢という段階。
日本一周のゴールを決めれば、それは一気に近くになり夢から目標に変わるんだろうか?

ゴールするに当たって二週間程前、どこをゴールとするか、を改めて考えたことがある。

色々考えたけれど、旅一番の鬼門でもあった北海道の出来事から私を救ってくれた友達・ひとちゃんの所に決めた。
彼女があの時、かなりの強行日程で来たのに「札幌でサッポロビールが飲みたかったの」と笑いながら言ってたのが今でも忘れられない。

あの後も、小笠原に渡るまでの苦しい5ヶ月はひとちゃんに会いに行くには容易い距離で、私は何度も酔っ払って会いに行きそうになったけど行かなかった。
やっぱり、行ってきます、って言って送り出してもらったら、ただいま、って言って次には会いたかったんだ。

だから、私はひとちゃんの所にゴールしようと思う。

あと1つ、有り難いことにこのブログを覗くのを日課にして下さった方へ。
このブログは、今後も“日本一周が終わった人間は、どうなるのか?”と“世界一周に向けての活動”(マイル貯めたり、レーシック手術したり、大使館行ったり、免許取りにいったり‥)として、続けていく予定です。
旅中より見て頂ける方は減ると思いますが、書き続けられるよう頑張ります。

ゴール直前、私の心は二週間ほど前から、明日から始まる新しい道が怖く、不安だ。

先の見えぬ毎日、その日いくらになるかも分からなかった毎日より、随分とマシで安定した生活になるであろうことは見えてるのに、人って新しいことは怖いものなんだな、と思う。

また、もう1つ怖いのは、ここまでフタをしてきた北海道での出来事に今一度直面しなければいけないということ。

ゴールって怖いものなんだ、と感じている。

だけど、私は帰る。

そして、世界への道を必ず作る。

だけれど、
理論やお金じゃなく
自分の感覚でまっすぐ進め、キツくても感じたままに進めた

こんな旅は、
時間的余裕やビザの問題などで、
もうこの先二度と出来ないと思う。

すごく尊い旅だった。

関わって頂いた皆様には、本当にアリガトウとしか言えません。

さて、私は前に進んでやります!

コメント&トラックバック

時間の流れ=前進だね。

2010 年 9 月 1 日7:22 AM posted by まさゆき





トラックバックURL http://viridianjp.lolipop.jp/tdkr/wp/uncategorized/3694/trackback