旅の紹介&プロフィール



Author:遙♪(はるか)

"強くなりたい"と思い、
2008年8月~
旅をスタート!
50ccなので、
高速道路はNG(°°;))
下道とフェリーだけで
のんびり進めます♪

遠く離れてしまった
友達や親、昔の恩師…
★★大切な誰かへ★★
伝えたいメッセージの詰まった
"手紙や贈り物"をお預かりして、
日本各地に届けながら
旅を進めています(*^^*)

2008年12月に
看病をするため
一時旅の中断を決心。
2009年4月に再開し、
貯金が尽きてからは
手作りのミサンガを
路上販売しながら決行!

現在旅のまっ最中です!



◆連載
月刊オートバイ
(毎月1日発売)


エトセトラ

今日もポチっとひと押しして頂けると
ありがたいデス~☆



携帯からはこちら↑








メールを送る

メール

[contact-form-7 404 "Not Found"]

しるこサンドを持って姫路へ

20110701112854 20110701214047 20110701093049 20110701093945 20110702145907

はいさい!
この頃は、関西、中国地方、九州と西日本をあちこちしています。
動物愛護を学ぶ機会があちこちであったからです。

知人が名古屋〜関西まで車で行くと聞きつけて、ソッコー名古屋に普通電車を乗り継ぎながら行って相乗りで車に飛び乗ってから早一週間。

見慣れないハイウェイをキョロキョロ物珍しげにみながら姫路で下ろしてもらい、久しぶりに旅で出会った大家族、橋本家に立ちよりました。

お土産は、名古屋市内のコンビニで買ったご当地お菓子の“しるこサンド”。
なんかビスケットみたいだね、とお嫁さんと喋りながら大家族と夜を過ごしました。
おじいちゃんも相変わらず食欲モリモリ元気印で、新しく買ったマイクを通してハーモニカを聞かせてくれました。
いつ聞いても、心地よい懐かしい音色です。

最近も、ハーモニカを持って老人ホームや子供達への慰問に行っているようで、レパートリーが増えていました。

「遙ちゃん、東北震災に遭って生きる目標を失った高齢者をこのハーモニカで励ましたいんだ」
と言われました。
若年層が被災地の高齢者を励まそうとしてもなかなか通じないと私は前々から感じていたので、高齢者を励ます高齢者…なんて素敵だなと思いつつも、
姫路から東北へはかなり長時間の長旅になるので、数え年で91才になるお爺ちゃんの体への負担が心配だなと思いました。
すると、お爺ちゃんは笑って
「お爺ちゃんは、まだまだイケるでぇ〜」
と!

91才にもなるお爺ちゃんに“まだまだイケる”なんて言われたら、まだ二十代の私が出来ない…なんて言う訳にはいきません。

毎日が少し単調になってきた今日この頃、勇気をわけてもらいました。
年はとっても、へこたれるな。強い心を持って前に進むべし。
私も、まだまだイケますかね。笑

とにかく、お爺ちゃんの熱い願いを何かの形で叶えてあげれるよう、知人ボランティアをあたってみようと思います。