旅の紹介&プロフィール



Author:遙♪(はるか)

"強くなりたい"と思い、
2008年8月~
旅をスタート!
50ccなので、
高速道路はNG(°°;))
下道とフェリーだけで
のんびり進めます♪

遠く離れてしまった
友達や親、昔の恩師…
★★大切な誰かへ★★
伝えたいメッセージの詰まった
"手紙や贈り物"をお預かりして、
日本各地に届けながら
旅を進めています(*^^*)

2008年12月に
看病をするため
一時旅の中断を決心。
2009年4月に再開し、
貯金が尽きてからは
手作りのミサンガを
路上販売しながら決行!

現在旅のまっ最中です!



◆連載
月刊オートバイ
(毎月1日発売)


エトセトラ

今日もポチっとひと押しして頂けると
ありがたいデス~☆



携帯からはこちら↑








メールを送る

メール

[contact-form-7 404 "Not Found"]

世界一周用の免許

私は、普メンライダーです。
今まで普通免許(8トンまでの四輪車と50ccまでの原付自転車に乗れる)で、原チャに乗っていました。

あ、でも最近の法改正で中型自動車免許って呼ぶようになったみたいですね。

この中型自動車免許のまま海外に渡ると、殆どの国で四輪車にしか乗ることが許されません。
ちなみに、1国目のオーストラリアも今の免許じゃバイクで走れないようです。

…ということは、、、
そうです、世界一周をバイクでするなら、二輪免許を取るしかないのです!

この私が…とうとうかぁ〜。。
出来れば、一番小さなバイクにしか乗らない…乗れない?変わらぬままの普メンライダーで人生やり通したいという想いがあったんですが、世界に出るためにはそうも言ってられません。
変革の時です。

大型免許を取ろうと思います!

国によって免許の種類や排気量の規制が違っていちいち調べるのが面倒だし、各国の警官に止められたりモメるような事になっても面倒なので、
何に乗ってても咎められる事のない免許にしようという考えから大型免許に決めました。

でも、お金が無い…。
というか、世界一周前に教習所にお金をかけてる場合じゃありません。

だから、
俗にいう
“一発で大型二輪免許”を狙おうと思います。

というか、何発で合格出来るか?って感じになるかなぁ、きっと。ハッハッハッ!

まわりからは、20回位かかると思うよ…、なーんて半笑いしながら言われました。

私、カブにしか乗ったことないからクラッチ操作も未知の世界ですしね…。本当に何もわかってないですからね…。。
もちろん学んでから受けるつもりですけど。

とりあえず、明日は今の免許取得状態で大型一発を受験することが法律上可能なのかどうかを調べてみようと思います。

皆さん、一発取得に関して体験談などあったら宜しくお願いします!

トルコについて調べてみた

20101009165251 20101009165318

先日トルコの女性を接待したのを機に、トルコについて少し調べてみました。

うーん…世界一周に出るにあたってトルコは大丈夫として、南に構えるシリアとイラクが鬼門になりそうですねぇ

地球儀

20101012165239

地球儀欲しいなぁ〜

机の上に置いて、息詰まったらクルクルってまわして、世界を夢見て息抜きしたいっ。

でも地球儀って結構お高いのね…
デパートで見たら、パソコンに繋げたりタッチパネル式なんて地球儀まであって、その進化に驚きました。

でもやっぱり、実際に行くのが一番さっ!

ゴールの日の写真アルバム

20101015120835 20101015120908 20101015120928 20101015120959

おととい、久し振りにNさん達9人と会って飲みに行ってきました。
会うのは、旅ゴールの日以来。

ゴールの日は、平日の昼下がりだったというのもあって、仕事でどうしても来れなかった人もいたので久し振りに皆で会えました。

そこでOさんとAちゃんから、ゴールの日に撮ってくれた写真アルバムのプレゼントを頂きました!

嬉しい〜!
わざわざ作ってくれたなんて、、、。

私のゴールを心から祝福し、私のことを考えていてくれてたんだなぁと実感しました。

忙しかったり悩みがあったり色んな時があって、自分のことばかりしか見えなくなりがちだけれど、
他人の気持ちになって考え感じられる余裕や優しさはどんな時も持っていられる人間になりたいなぁ、、、と考えさせられました。

チリ、サンホセ鉱山救出活動

チリのサンホセ鉱山救出されましたね!

60日以上真っ暗闇の洞穴のなか、いつ地盤が緩んで死ぬやもしれない命の恐怖と不安を感じながら、ひたすら希望と明るい未来を信じようとして過ごした日々を思い浮かべました。

2ヶ月間に渡って報道されていたのにも関わらず、救出され恐怖から解放される今日になって、やっとその人の立場になってどんな思いだったのだろう?と、やっと考えてみた自分を恥ずかしいと思いました。

人は自分本位になりやすく、他人の立場にたって痛みを分かち合うことはなかなか難しいことなんだな、と思います。

そして、生きていること、、、

今こうやって存在し息を吸って吐いている当たり前のような事が

とてつもなく幸せな事のように感じました。