旅の紹介&プロフィール



Author:遙♪(はるか)

"強くなりたい"と思い、
2008年8月~
旅をスタート!
50ccなので、
高速道路はNG(°°;))
下道とフェリーだけで
のんびり進めます♪

遠く離れてしまった
友達や親、昔の恩師…
★★大切な誰かへ★★
伝えたいメッセージの詰まった
"手紙や贈り物"をお預かりして、
日本各地に届けながら
旅を進めています(*^^*)

2008年12月に
看病をするため
一時旅の中断を決心。
2009年4月に再開し、
貯金が尽きてからは
手作りのミサンガを
路上販売しながら決行!

現在旅のまっ最中です!



◆連載
月刊オートバイ
(毎月1日発売)


エトセトラ

今日もポチっとひと押しして頂けると
ありがたいデス~☆



携帯からはこちら↑








メールを送る

メール

[contact-form-7 404 "Not Found"]

飯館村の現状

この世は全く不条理だ
弱い者が泣き寝入りして、不確かな情報に困惑しながら動かされている。
心が落ち着かないうちに、誰が冷静な判断など出来るもんか

おととい、
NPOの活動のため 計画的避難地域に指定されている飯館村近くを走行している時、
コンビニ前で飯館村在住のお兄さんに話しかけられました。
「どこ行くの?」
「ボランティアで福島にきました。今から原発近くの犬猫保護で、大熊町に行くところなんです。」
「犬猫の保護してるの!?うちにも2匹いて、避難する先も決まっていないのに困ってんだあ」

そんな話から始まって、飯館の現状・そして犬猫対策の現状を聞きました。

その方Aさんは、震災当初、栃木県・鹿沼に一時避難されていたそうです。
飯館村の人口約6000人中、3000人が一時避難、その内2000人が現在村に戻ってきています。
鹿沼の避難所では
東京大学の放射能を研究する大先生を招いてのトークショーが行われたそうですが
その時
”放射能は大丈夫だ”
と説明を受けたそうです。
それが村に戻ったら水は飲むな、1ヶ月以内に村を出て避難しろ、との命令をうけ、
「一体全体どっちなんだ!?我が家は井戸水つかってるし、飲んじゃったよ、オレ」
と、見えない真実に困惑されていました。
危ないと言われたり、大丈夫だと言われたり…精神的に不安をあおられ、パニックしていました。

「おまけに仕事がなくて、収入がないんだ。
 ハローワークに通っているけど、見つからないし…
 電気代もガス代も払わなきゃいけないのに、どうしたらいいもんか。
 働きだしたとしても、この先どこに避難になるか分からないし…
 避難所なのか、仮設住宅なのか、それとも県外になるのか…」
金銭面も、明日の見えない不安をさらに大きくさせています。
そんな中で、
「うちにも犬を2匹飼ってるんだども、ゴールデンレトリバーの1匹を預ける先がなくてね。
 NPOの団体が、動物保護で動いているなんて今日初めて知ったよ。
 村には知らない人もたくさんいるから、村役場に連絡してもっと広報して欲しい」
と頼まれました。

その後、私は携帯電話が圏外になり通じない原発20キロ圏内に入ったので
地元で動いているS君にその旨をお願いして、出発しました。
S君の報告では、
受け入れ先をピックアップして 役場に教えたそうですが
「それもやらなくちゃいけませんねー」
程度の反応で、広報に動いてくださる雰囲気はなかったそうです。

このままいくと
まさか、飯館村でも放置される犬猫が出るんでしょうか?
原発30キロ圏内で、
鎖を放たれ首輪をつけた犬猫たちが、人の誰もいない町を徘徊する姿が目に浮かびました。
それだけは、なんとしてでも避けたい。
S君とともに対策をうち、出来る限りの動きをとりたいと思います。

↑原発15キロ地点でであった、人のいない町を放浪するペットだった犬。15日撮影

コメント&トラックバック

はるかさん 無理しないで、睡眠、食事きちっとしないと、何事にも前向きにならないよ

2011 年 4 月 17 日9:48 AM posted by がちゃぴんGTR

いわき市で民家の屋根が風で飛ばされたそうですよ。
電機に無駄使いの為に原発作ってこのありさま。
今の生活を見直さなくっちゃとか考えちゃいますね。
テレビでみなしごの活動を見ました。
水も飲めなくなるくらい弱ってる犬を見て衝撃をうけました。

2011 年 4 月 17 日10:55 AM posted by PC37CBR600RR

泣くになけない…(>_<)

被災地と 情報がいろんな地域で 統一して無い

離れていれば 温度差に怒り・焦り・苛立ちを感じさせられる。

2011 年 4 月 17 日5:28 PM posted by (*^^*)

はじめまして、先日 石巻市近辺で活動をしてきました。
活動中も帰ってきてからも、体と心の緊張が抜けなくて、疲れは徐々にでました。活動中も寝不足なのに寝れない感じでした。どうぞ無理はしないでください。みんな頑張ってきるから私も、もっと頑張ると追い込まないようにしてください。

2011 年 4 月 17 日10:33 PM posted by いさな

遙さん、本当にご苦労様です。体壊さないように気をつけて下さいね。

2011 年 4 月 19 日6:01 PM posted by シャドウ9

はじめまして。歩き人ふみの相棒あゆみです。
先月、山田町ボランティアセンターで、スタッフとして2週間活動して来ました。活動から帰ってからも被災地との温度差に疑問を感じるし、もっと何とか出来ないものかと考えています。余震や活動中の夢もしばらく見ました。
遥さんのブログを読み何度もうなずき思わずコメントしています。
体に気をつけて活動頑張って下さいね。

2011 年 5 月 9 日6:54 PM posted by あゆみ





トラックバックURL http://viridianjp.lolipop.jp/tdkr/wp/uncategorized/4418/trackback